インフル薬「ゾフルーザ」、12歳未満は使用慎重に

2019/10/17 10:06
保存
共有
印刷
その他

2019年春に変異型のウイルスが相次いで報告されたインフルエンザ治療薬のゾフルーザについて、日本感染症学会は12歳未満の子どもについては使用を慎重に検討すべきだとする提言をまとめた。薬の効きにくい耐性ウイルスの発生率が高く、発熱などの症状が長引きやすいことを考慮した。近く学会のホームページで公開する。

提言では、12歳以上については十分なデータがそろっておらず、現時点で使用を推奨するかどうかは言…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]