/

大日本住友、豪バイオ企業の買収取り下げ

大日本住友製薬は17日、豪バイオ企業のサイナータ・セラピューティクスへの買収提案を取り下げたと発表した。同社はiPS細胞を使った医薬品開発に強みを持つ。大日本住友は再生細胞事業の研究開発力の向上に役立つと判断して約150億円を投じる方針だったが、条件が折りあわなかった。

大日本住友は7月、サイナータと買収交渉を進めていると明らかにしていた。同社は骨髄・臓器移植をするときに起きる重い合併症「急性移植片対宿主病」の治療薬候補の臨床試験(治験)に取り組んでいる。

同社には富士フイルムがすでに約8%を出資しており、9月には同治療薬候補の開発から製造、販売までを独占できる権利を取得した。これを受けて大日本住友は「買収の検討に変わりはなく、交渉を続ける」と表明していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン