/

この記事は会員限定です

和食の危機、救うのは外国人 増える板前修行

和食リセット(1)

(更新) [有料会員限定]

和食、食べていますか?

ごはん、味噌汁、漬物、焼き魚……。日々を彩ってきた料理が、日本の食卓で目立たなくなっている。コメの購入量はパンを下回り、好きな食べ物の上位はラーメン、カレー。和食といわれると、高級な料理店を思い浮かべる人もいるだろう。

なぜ廃れるのか。消費者の好みをつかみ、グローバルで事業を考える。将来を支える担い手をきちんと育てる。他のあらゆる産業で当たり前の成長への努力を、「伝統」の名の下に怠ってきたからではないか。

和食リセット。世界の人に食べてもらうために、足元から見つめ直すべきときがきている。

半数以上は留学生

時計を気にしながら、大根を手に一心に包丁を動かす。東京都世田谷区にある東京すし和食調理専門学校の1年生は、和食の基礎を徹底的にたたき込まれる。大根のかつらむき、卵焼き、アジの三枚おろし。これらを一定の時間で終える試験に向き合う学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2567文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

和食リセット

和食離れが続いている。好きな料理では焼き肉やラーメンの人気が高まり、コメの消費量は右肩下がりだ。だが、洋食や中華料理に押されているのは、和食がその魅力を十分に消費者に伝えられず、担い手作りが遅れてきたためでもある。反転攻勢に向けて和食を見つめ直し、輝きを取り戻そうとする動きが広がってきた。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン