宇宙でも集団的自衛権 防衛相が見解

2019/10/16 23:00
保存
共有
印刷
その他

河野太郎防衛相は16日夜のBSフジ番組で、宇宙空間が集団的自衛権の適用範囲に含まれると説明した。「地上でも宇宙でも変わらない」と述べ、日本の友好国の衛星が攻撃を受けた場合は存立危機事態に認定して反撃できる可能性を示唆した。友好国として米国や欧州連合(EU)を例に挙げた。

日本は2015年に成立した安全保障関連法で武力行使が可能となる集団的自衛権の限定行使を認めている。政府は新領域防衛として、サイバー攻撃を受ければ自衛隊による防衛出動もあり得るとの認識を示している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]