ニュース

フォローする

強豪の背中見えた 中堅国、得失点差を最少に

ラグビーW杯
2019/10/17 1:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は1次リーグ40試合(中止分を含む)を終え、19日から準々決勝に突入する。英国とその旧植民地を中心に発展したスポーツの真の国際化を目指し、"フロンティア"とにらむアジアで初めて開かれた今大会。初の8強入りを果たした日本が象徴するように、1次リーグの結果からは、伝統国とそれ以外の力の差が縮まっている様子がうかがえる。

ラグビーで「ティア1」と呼ばれる伝統国・…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

ニュース 一覧

フォローする

 ラグビーの国際統括団体ワールドラグビー(WR)は14日、ワールドカップ(W杯)日本大会での言動で7万ポンド(約980万円)の罰金を科したスコットランド協会が処分を受け入れ、反省を表明したと発表した。 …続き (11/14)

 ラグビーのトップリーグ、サントリーは14日、2015年ワールドカップ(W杯)で活躍した日本代表37キャップのロック真壁伸弥(32)が現役を引退すると発表した。19年W杯代表には選ばれなかったが「開幕 …続き (11/14)

南アフリカ戦の前半、倒れながら姫野(左)にパスを出すリーチ。パスの回数と正確性で日本は全チーム中、トップだった

 多彩な攻撃パターンからトライを奪える。多くのパスを正確に届けられる――。今回のワールドカップ(W杯)で初の8強に進んだラグビー日本代表の特長は、数字にも表れていた。
 データ会社STATS社と国際統括 …続き (11/15)

ハイライト・スポーツ

[PR]