格安スマホで通話も安く 総務省、回線コスト半額視野

2019/10/17 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

総務省は格安スマートフォン会社が通話サービスを安く提供できるようにする。携帯大手が格安スマホ会社に回線を貸すレンタル料金に基準を設け、事実上の値下げを求める。今は30秒で20円かかる格安スマホでも、時間に制限のない定額プランができるようになる見通しだ。政府の思うほど携帯電話料金の値下げが進まない現状を踏まえ、競争を促す。

格安スマホ会社は自前の通信回線を持たず、NTTドコモなどの大手携帯事業者に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]