/

この記事は会員限定です

リチウムイオン電池 商品化の技術者「認められてよかった」

[有料会員限定]

2019年のノーベル化学賞の授賞テーマとなったリチウムイオン電池を世界で初めて実用化したソニーの元技術者、西美緒氏が16日、日本経済新聞などの取材で「リチウムイオン電池が広まったことを認められてよかった」と語った。自身が受賞を逃したことについては悔しさをにじませつつ、当時のソニーは特許申請に慎重で、旭化成に後れを取ったことが背景にあると説明した。

ノーベル化学賞は、リチウムイオン電池を開発した旭化成の吉野彰名...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り585文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン