米中休戦、市場の緊張緩和 半導体関連がけん引

2019/10/16 20:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

16日の東京市場で日経平均株価が4営業日続伸し、年初来高値を更新した。米中による貿易協議の部分合意が市場の緊張を和らげ、市況の改善傾向がみられる半導体株の上昇に勢いがついた。企業業績の底入れ時期を探る動きもみられる。もっとも、業績の下方修正は今後増える見通し。米中交渉の先行きも読みきれず、株高の持続には懐疑的な見方も多い。

日経平均の終値は前日比265円(1.2%)高の2万2472円。2018年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]