修繕金がない マンション、脅かされる「終の住み家」
マンションクライシス(上)

2019/10/16 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

マンションが危機に直面している。老朽化が進む一方で修繕資金は不足。災害リスクも高まっている。外国人住民が増え、管理不全が表面化。永住希望が6割を超えるなか、人生100年時代の「終(つい)の住み家」が脅かされている。

気付いたら修繕積立金が消えていた――。宮城県内にある築23年の7階建てマンション。屋上で雨漏りが目立ち始めた5年前、工事を依頼しようと住民が修繕金を確かめたところ、1000万円近くあ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]