/

この記事は会員限定です

北朝鮮、攻撃多様化へ着々 SLBMの性能向上

[有料会員限定]

北朝鮮が10月2日、日本海で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験を実施した。実戦配備にはなお時間を要するとみられるものの、日米に対する攻撃手段の多様化へ一歩前進したのは確かだ。交渉による事態打開に期待を残すトランプ米大統領をしたたかに利用しつつ、金正恩(キム・ジョンウン)委員長は核軍拡を着々と進めている。

今回のミサイル「北極星3号」は、北朝鮮東部・元山付近の日本海の海中に設置した発射管か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1363文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン