道総研、自治体と再生エネ共同研究 地域資源の利用促進

北海道・東北
2019/10/16 19:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道立総合研究機構が再生可能エネルギーの活用で自治体との共同研究を進めている。16日、北海道当別町と今後5年の共同プロジェクトについて調印式を開いた。2020年度には津別町とも共同研究を始める。国内では従来、単一のエネルギーの研究が多かったが、道総研は複数を組み合わせて実証実験し、費用対効果を検証する。

当別町の面積の約6割が森林で、木質バイオマスの利用に向いている。道総研とはドローンや衛星デ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]