インド携帯 首位交代迫る 財閥系ジオ、データ覇権狙う
安値攻勢、参入3年でシェア29%

アジアBiz
2019/10/16 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ムンバイ=早川麗】加入者が約12億人と世界第2位の携帯通信市場であるインドで、シェア首位の交代が迫っている。大手財閥リライアンス・インダストリーズの子会社は新規参入から3年で29%のシェアを確保。安値攻勢で業界の再編・淘汰を促した同社は今も契約者数を伸ばし、年内にもトップになる可能性が高い。通信の低価格化をテコにインド全体でデータの利用を伸ばし、ネット関連市場の覇権を握る狙いだ。

ムンバイ市内…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]