自動収穫ロボ、佐賀の農家で実演 人手不足緩和ねらい

2019/10/16 19:07
保存
共有
印刷
その他

農業用の自動野菜収穫ロボットを手掛けるinaho(イナホ、神奈川県)は16日、佐賀県太良町でアスパラガスの収穫を実演した。農家にロボットを貸し出し、収穫量に応じて利用料金を受け取る従量課金制で、同社は「低コストで導入でき、人手不足や農地の維持に悩む農家を手助けできる」とPRしている。

佐賀県太良町で行われた自動野菜収穫ロボットの実演(16日)

ロボットは全長1.25メートル、高さ55センチ、幅39センチでビニールハウス内でのアスパラガスの収穫に使える。キャタピラで自走し、人工知能(AI)が収穫期を判断する。実演では、アームで1本ずつ丁寧につかみ取ったアスパラガスを、前方のかごに傷つけないようそっと入れていた。遠隔地からもスマートフォンで起動させて操作できる。

導入した農家の安東浩太郎さん(40)が実演に立ち会った。アスパラガスの収穫には多くの時間と労力が必要といい「ロボットを利用することで、空いた時間に味の研究や肥料の開発ができ、品質向上につながる」と話していた。

同社は収穫できる野菜を増やし、屋外でも作業できるよう改良を続け、海外展開も目指すという。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]