山形・新庄、看護師養成所の設立断念 医療人材どう確保

2019/10/16 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山形県新庄市が計画していた看護師養成学校の開設が、山尾順紀市長による突然の断念表明で白紙に戻った。生徒確保への懸念などから9月の市長選では市を二分する争いとなったが、地元医師会が協力できないと表明したことが要因という。市内では200億円を投じる県立病院の建て替え計画も進むが、医療人材をどう確保するかは深刻な課題だ。

「このまま幕切れでいいのか。もっと議論が必要だ」。看護師養成学校の開設に反対して…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]