[社説]番組介入の疑念は晴れない

金融機関
社説
2019/10/16 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国民に広く影響力を持つ公共放送の独立性が揺らぎかねない問題だ。かんぽ生命保険の不適切販売を報じたNHKの番組制作に、経営委員会の行動が影響を与えた可能性がある。

経営委はNHKの経営方針を決め、執行部を監督する役割を担う。放送法では経営委が個別番組に介入することを禁じている。15日の記者会見で石原進経営委員長は番組への関与を否定したが、疑念が晴れたとは言えない。NHKは説明を尽くす必要がある。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]