村田製作所社長、電子部品の世界需要「底打ち」

2019/10/16 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

村田製作所の村田恒夫会長兼社長は16日、日本経済新聞の取材に応じ、主力の積層セラミックコンデンサー(MLCC)などの電子部品の世界需要について「落ち込みは底を打ちつつある」と述べた。2020年の年明け以降に需要が回復するとの見通しも示した。米中貿易摩擦については「直接的にはほぼ影響は出ていない」と強調した。

電子部品需要は19年3月期の下期から、中国経済の減速やスマートフォンの高額化に伴う買い控…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]