/

憲法審の定例開催、国民民主などに要望 有識者団体

憲法改正論議の進展を求める有識者らでつくる「憲法を国民の手に!言論人フォーラム」は16日、都内で記者会見を開き、今国会での憲法審査会の定例開催と具体的な改正内容の審議を求める声明を発表した。会見に出席したジャーナリストの桜井よしこ氏は「憲法審はほとんど機能していない。もっともっと議論してほしい」と訴えた。

会見に先立ち、桜井氏らは自民党の細田博之憲法改正推進本部長と面会し、憲法審の定例開催と具体的な改正論議を進めるよう要望した。15日に国民民主党の玉木雄一郎代表、16日には同党の榛葉賀津也参院幹事長とも会い、同様に要望した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン