食品大手の石井食品、食品包装プラを石灰石材料に

2019/10/17 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

食品大手の石井食品がハンバーグやミートボールのプラスチック包装をやめ、新素材を活用する。2021年12月までに、同社売上高の8割超となる10製品について、すべてTBM(東京・中央)の石灰石由来の素材「ライメックス」に切り替える。年間約230トンのプラスチックを削減できる見込み。

ライメックスは石油由来のプラスチックと比べ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]