北朝鮮違法操業、法執行に限界 国交なく事態複雑化
国際法・ルールと日本

国際法・ルールと日本
2019/10/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は水産庁の漁業取り締まり船と北朝鮮漁船の衝突に関する映像を近く公開する。衝突が起きた日本海の大和堆付近はかねて北朝鮮による違法操業が問題視されていた海域だ。政府は監視を強めるものの、領海外の取り締まりには法的な制約も多く対応には限界がある。当事国が国交のない北朝鮮であることも事態を複雑にしている。

衝突は7日午前9時10分ごろ、能登半島の北西約350キロの海域で起きた。水産庁の漁業取り締まり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]