/

この記事は会員限定です

富裕層のファミリーオフィス、シンガポールで設立増

一族の"番頭"、政府が誘致強化

[有料会員限定]

シンガポールで富裕層一族の資産運用を担う「ファミリーオフィス」の設立が増えている。経済成長で富を蓄えたアジア域内の企業オーナーなどが中心だ。金融機関も支援業務を拡充しており、同国のファミリーオフィスの数は2年で4倍になった。競合する金融センターの香港に対抗しようと、政府も誘致を強化している。

「どんな投資商品が税制優遇の対象ですか」。8月末、シンガポール大手のDBS銀行が富裕層の個人顧客を招き、フ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り775文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン