/

この記事は会員限定です

環境・社会課題の解決へ500億円 三井住友信託が融資枠

[有料会員限定]

三井住友信託銀行は、環境問題や企業統治向上に取り組む企業向けに500億円の融資枠を設けた。外部格付けの取得を条件に、設備投資や運転資金として1社あたり最大50億円を貸し付ける。社会的な課題の解決を意識する企業の取り組みを後押しして、取引関係を深める。

貸付期間は最長10年で、資金使途は制限しない。日本格付研究所のほか、建築物の環境性能を測るCASBEE(建築環境総合性能評価システム)など外部格付...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り310文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン