東芝、為替の高速取引システム開発 フィンテック市場開拓

2019/10/17 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝は、自社の有する先端IT(情報技術)の金融事業への応用を加速する。このほど為替市場の動向を瞬時に分析して、最適な売買注文を出す高速取引システムを開発した。外部の金融の専門家の採用活動も17日から始める。金融とITが融合したフィンテックを新たな柱に育てる。

膨大な組み合わせのパターンから最適な解を選び出す「組み合わせ最適化技術」を活用する。同技術は物流の経路分析や創薬の分子設計などに使われてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]