デジタル治験で創薬効率化 田辺三菱・日立が連合設立

2019/10/16 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新薬候補の臨床試験(治験)の一部をシミュレーションする「デジタル治験」が日本でも始まる。田辺三菱製薬と日立製作所は治験計画を作る人工知能(AI)を開発し、他の製薬会社と機能を高めるためのコンソーシアムを立ち上げる。大日本住友製薬は主力薬候補の開発に取り入れた。治験は創薬の成功を左右する。デジタル技術を使い、数万分の1とされる創薬の成功確率を高める。

新薬開発には候補となる物質を見つけた上で、細胞…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]