台風被害「インフラ見直し必要」 同友会代表幹事

2019/10/16 15:41
保存
共有
印刷
その他

経済同友会の桜田謙悟代表幹事は16日の記者会見で、台風19号の被害に関して「今後も(同じような被害が)起こるという前提でインフラを見直すことが絶対に必要だ」と、脆弱な社会資本への早急な対応を求めた。政府が検討する補正予算は「真に効果が上がるやり方を見極めないといけない」と注文も付けた。

16日の東京株式市場で日経平均株価が年初来高値を更新したことには「実体経済が悪くなっているわけではないが、視界不良で投資や消費が手控えられている」と指摘した。米中は貿易協議で部分的に合意したが「今回の結果で将来の予見可能性が高まったとは全く思っていない」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]