スカイディスク、簡易的AI分析装置 効果実感狙い

2019/10/16 14:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)関連の技術開発ベンチャー、スカイディスク(福岡市)は工場の稼働データなどをもとに、AIで簡易的な分析ができる装置を開発した。AIがどのように活用できるかを知ってもらい、AI導入のきっかけにしてもらう。製造業の現場では依然としてAIの具体的な活用方法が十分広まっておらず、無償で装置を貸し出すことで周知して顧客開拓につなげる。

開発した装置は「スカイエーアイ エヌモデル」。今後、自動…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]