/

この記事は会員限定です

「ケイレツ」受難再び 日産ゴーン改革20年の先に

Bizレーダー

[有料会員限定]

日産自動車が揺れ続けている。西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)の事実上の解任を受け、8日に新体制を発表したが、先は見えないままだ。足元の業績悪化は、日産と関係の深い系列部品メーカーの経営にも影を落とす。系列解体を柱の一つに掲げた日産の再建計画「リバイバルプラン」の発表から18日で20年。日産の「ケイレツ」受難の時代が再び訪れている。

「何はともあれ、西川さんがいなくなるのは歓迎だ」。ある日産系部品メーカ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1626文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

「Bizレーダー」は話題のビジネスニュースの内幕や企業の隠れた思惑を、知られざるエピソードやデータに基づき、実際に現場で取材している記者ならではの視点で掘り起こすコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン