「ケイレツ」受難再び 日産ゴーン改革20年の先に
Bizレーダー

Bizレーダー
コラム(ビジネス)
自動車・機械
2019/10/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日産自動車が揺れ続けている。西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)の事実上の解任を受け、8日に新体制を発表したが、先は見えないままだ。足元の業績悪化は、日産と関係の深い系列部品メーカーの経営にも影を落とす。系列解体を柱の一つに掲げた日産の再建計画「リバイバルプラン」の発表から18日で20年。日産の「ケイレツ」受難の時代が再び訪れている。

「何はともあれ、西川さんがいなくなるのは歓迎だ」。ある日産…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]