/

この記事は会員限定です

マイナンバーカード普及の大号令、自治体の混乱必至

[有料会員限定]
日経クロステック

政府の「デジタル・ガバメント閣僚会議」が9月に示したマイナンバーカードの普及促進策が、カードの交付実務を担う自治体の窓口に混乱をもたらしそうだ。カードの普及率は交付から3年半たった2019年7月時点で13.5%にとどまる。ここから3年8カ月後の23年3月末に「ほとんどの住民がカードを保有」するようにするとの方針を打ち出したからだ。

マイナンバーカードは自治体が窓口となって希望者に無償で交付している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1983文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン