知的障害に「問題行動」ない ずぶぬれも音立ても肯定
クリエイティブサポートレッツ理事長・久保田翠さん(3)

コラム(地域)
2019/10/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

重度の知的障害がある息子に生活の場をつくりたいと、NPO法人のクリエイティブサポートレッツ(浜松市)を立ち上げた久保田翠・理事長(57)。半生をたどる連載の第3回では「問題行動」といわれる行為について、その意味を問う。

◇   ◇   ◇

 アートか福祉かの板挟みを脱する転機となったのが、2008年に始めた「たけし文化センター」というイベント空間だ。アートとは到底呼べなくても、知的障害のある子どもた

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]