/

この記事は会員限定です

収穫目前、リンゴ無残 台風19号被害で農家苦悩

[有料会員限定]

東日本を縦断した台風19号は各地の名産品や農地にも大打撃を与えた。千曲川の堤防が決壊し、泥水に襲われた長野市は全国有数のリンゴ産地。収穫シーズンを目前に控えた畑は水没し、農業機械も浸水して使えなくなった。「過去の水害とは比べものにならない」。農家や農政関係者からは悲痛な声が上がる。

辺り一面のリンゴの木が茶色い水につかり、無数の果実が浮かんでいた。堤防が決壊した千曲川の周辺の道路を覆っていた水は1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1080文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン