商品数は減らせない 資生堂の研究が暗示

ヒットのクスリ
コラム(ビジネス)
2019/10/17 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ラグビーワールドカップ(W杯)や2020年の東京五輪などグローバルイベントが相次ぐ。情報のボーダーレス化が加速しそうで国内の消費市場はどう変質するのか。一つの手掛かりが資生堂のビューティートレンドの研究にある。

同社は創業から今に至る商品や広告資料などを展示するイベントを9月下旬に開催。世に連れ、髪形やメークのトレンドは様変わりするわけだが、きっかけは何だろうか。資生堂トップヘア&メーキャップア…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]