「世界の9割で景気減速」 IMFエコノミストが警鐘

貿易摩擦
2019/10/16 11:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史】国際通貨基金(IMF)チーフエコノミストのギータ・ゴピナート氏は15日、日本経済新聞の取材に「世界経済は90%の国・地域で景気が減速しており、貿易戦争などの地政学リスクが深刻になれば、世界景気は不況に近づく」と警鐘を鳴らした。先行きは緩やかな景気回復を見込むが「見通しは不確実で、政策面での失敗が許される余地はない」と指摘した。

「2019年の世界の経済成長率は3.0%とみ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]