日本製鉄社長「米輸入関税、リスク高まる」

自動車・機械
中南米
2019/10/16 10:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【モンテレイ(メキシコ)=川上梓】日本製鉄の橋本英二社長は15日、発動から1年半がたつ鉄鋼製品への米国の追加関税について「リスクが高まっている」との認識を示した。日本から輸出する製品は米国産で代替できない高機能品が多く、一部は関税の適用除外を認可されてきたが、「米国内の鉄鋼需要が落ちている。米国産への保護が強まれば、今後は認可されない製品が出るかもしれない」と懸念した。

開催中の世界鉄鋼協会の年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]