/

肺がん位置をチップで特定、切除少なく 京大手術成功

目で確認できない微小な肺がんのそばにマイクロチップを入れ、患部を正確に検知できる装置を世界で初めて開発し、胸腔(きょうくう)鏡手術に成功したと京都大医学部などのチームが発表した。切除部位を少なくでき、肺機能の温存につなげられるという。

肺がん手術では、コンピューター断層撮影装置(CT)などで事前にがんの場所を確認する。しかし、早期発見された10ミリ以下ぐらいの微小がんでは、手術に必要な処置に伴って肺の形が変わり、患部の正確な特定が難しく、部位周辺の広い範囲を切除することが多かった。がん部位に色素を注入し切除する方法もあるが、色素が拡散するケースがあった。

チップは直径1.8ミリ、長さ7ミリのコイル状で、棒状のアンテナを近づけると音が出る。事前にチップをがんのそばに入れ、胸部に開けた穴からアンテナなどを挿入し、音のほか胸腔鏡による映像で部位を確認しながら切除する。

手術は9月、70代女性に実施し、経過は良好という。今後、乳がんへの応用なども目指す。

執刀医の佐藤寿彦・福岡大医学部准教授(開発当時は京大准教授)は「日常的に使われるマイクロチップを医療機器に応用した画期的な装置。世界中の肺がん手術で役立ててほしい」と話した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン