米映画館大手のAMC、動画配信に参入

2019/10/16 8:20
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=西邨紘子】映画館大手の米AMCシアターズは15日、動画配信サービスの立ち上げを発表した。AMCが映画館利用で提供する月額サービスの会員は、同社のウェブページと専用アプリから約2000種類の映画をオンデマンドで見られるようになる。ネットの動画配信は米ネットフリックスやアマゾン、ディズニー、アップルなど大手がサービスを競う。映画館チェーン大手の参入で競争がさらに激化しそうだ。

動画配信に参入するAMCは、先行するネットフリックスなどと競合する見通し=ロイター

AMCが傘下の映画館利用者向けに提供する月額サービス「AMCスタブズ」は2000万人の会員がいる。米メディアの報道によると、新サービスは一定期間ストリーミング視聴できる「レンタル」が一映画当たり3~6ドル、何度でも視聴できる「購入」が同10~20ドルに設定。映画制作会社との契約に応じ、新作も随時配信する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]