北陸新幹線、全線再開に1~2週間 台風19号の影響

台風19号
2019/10/15 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本に記録的な大雨をもたらした台風19号による企業の被害が徐々に明らかになってきた。JR東日本は15日、北陸新幹線の東京―金沢間の全線再開に少なくとも1~2週間かかると発表。福島県内の一部工場では再開の見通しが立たない。一方、事前に工場の操業停止などを決め影響を抑えた企業も多い。自然災害に備える事業継続計画(BCP)の重要性が増している。

【関連記事】 全日空と日航、北陸線を増便・大型化 新幹線代替で

JR東は北陸新幹線の長野―飯山間で線路が冠水し信号装置が被害を受け、復旧作業に時間がかかる。現在は東京―長野間、上越妙高―金沢間で折り返し運転をしている。30編成ある北陸新幹線の全車両のうち、長野市の車両基地に留置していた10編成が浸水した。復旧しても運行本数は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]