NHK経営委員長、放送法違反を否定 かんぽ不正報道巡り

2019/10/15 21:39
保存
共有
印刷
その他

かんぽ生命保険の不正販売報道を巡り、NHKの経営委員会が上田良一会長を厳重注意したことについて、石原進経営委員長は15日、同委の対応は放送法違反に当たらないとの考えを明らかにした。個別の番組に関する注意ではなく、NHKのガバナンスに問題があったとの認識を示した。

石原氏が問題発覚後に記者会見するのは初めて。厳重注意に至った理由について「(現場の制作責任者が)上田会長に編集権がないと受け取られるような発言をした。大きな間違いで大変な問題だと判断した」と説明した。

放送法32条は経営委が個別の番組に関与できないと定めている。今回の注意はガバナンスの問題についてであり、違反はなかったと強調した。上田会長も3日の定例会見で「自主自律が損なわれた事実はない」と放送法違反を否定している。

石原氏の主張に対し、元経営委員長代行の上村達男・早稲田大名誉教授は「経営委は執行部を監督する立場。NHKの職員について問題があったとしても注意などの処分権限は経営委にはない」と指摘。「今回の注意自体が業務執行に対する『干渉』で放送法違反だ」と話す。

15日にはこれまで非公表としていた厳重注意処分を議論した際の議事経過を公表した。放送法で作成を義務付けている議事録がないとの指摘があったが、石原氏は「精査されたものではないが、議事の経過を記録したものはある」と釈明した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]