/

この記事は会員限定です

放漫タイ航空、見えぬ再建 利権体質 財務改善遠く

[有料会員限定]

【バンコク=村松洋兵】政府系のタイ国際航空の経営が深刻さを増している。今期も3期連続で大幅な赤字が見込まれるなか、経営陣が再建策だと公表した約5500億円に上る大型投資計画は9月、政府の要請で撤回した。放漫経営を指摘され、過去5年間で2倍に膨れた中国からの観光客需要も取り込めていない。軍や労働組合が既得権益に群がる高コスト体質が続き、赤字を垂れ流す状況が続いている。

「タイ航空の財務は危機的状況に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2147文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン