日本の経理現場の無駄なくせ 米企業が自動化に挑む

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
スタートアップ
2019/10/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経理業務を自動化するSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)を提供する米ブラックラインが日本で事業を拡大している。今年1月に参入し、すでにメルカリなど複数の有力企業が導入を決めた。経理作業の自動化は多くの企業が提供しているが、テリース・タッカー最高経営責任者(CEO)は日本経済新聞社の取材で「経理作業の効率化の余地はまだある」と強調した。

■150カ国以上でサービス提供

2001年に米国で創業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]