千曲川氾濫、長野の工業地直撃 県内経済に影

2019/10/15 19:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

12日に上陸した台風19号による千曲川の氾濫は、長野県内の工業地を直撃した。長野市の北部工業団地は広範囲に渡って冠水し、再開のめどが立たない工場もある。須坂市や坂城町でも企業が浸水被害を受けた。農業や物流への被害も大きく、県内経済に大きな影響を与えるのは必至だ。県は状況把握を急ぎ、支援策などを今後検討していく。

被害が大きいのが、長野市穂保地区付近の北部工業団地だ。穂保では千曲川の堤防が決壊し、…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]