ファミマに保育所を整備 名古屋市で全国初

2019/10/15 19:00
保存
共有
印刷
その他

名古屋市とファミリーマートは15日、2020年4月に同市東区に全国で初めてコンビニと認可保育所が一体となった施設を開くと発表した。1階に店舗、1階の一部と2階に定員60人の保育所を設ける。保護者専用の駐車場も3台整備する。市は18年に待機児童対策の一環として市内のファミリマートの敷地内に保育所を整備する協定を同社と締結していた。

名古屋市中心部では地価や賃料が高く、保育所やコンビニの新設が難しかった。コンビニとの一体整備によって双方が賃料を折半でき、コストを抑えることが可能となった。市は同保育所の内装整備や賃料の補助も行う。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]