ビックカメラとヤマダ電機、ネット通販を後払い可に

2019/10/15 18:05
保存
共有
印刷
その他

ビックカメラヤマダ電機は15日、それぞれの運営するネット通販サイトで後払い決済を導入すると発表した。電子決済サービス運営のPaidy(ペイディー、東京・港)が提供する後払い決済に対応する。利用者にPaidyへの会員登録やクレジットカードは必要なく、メールアドレスと電話番号があれば使える。決済手法の拡充で利便性を高める。

ビックカメラとヤマダ電機は後払い決済サービス「Paidy翌月払い」を導入する

支払い方法を決める画面から「Paidy翌月払い」を選択できる(「ビックカメラ・ドットコム」の画面)

ペイディーは2014年10月に電子商取引(EC)向けの決済サービス「Paidy翌月払い」の提供を始めた。利用者はネット通販の決済方法を決める画面から、同サービスを選択できる。クレカは要らず、メールアドレスと携帯番号を入力するとSMS(ショートメッセージ)で4桁の認証コードが届く。コードを通販サイトに入力し、支払い回数を決めると決済が完了する仕組みだ。翌月、同サービスで決済した代金をまとめてコンビニエンスストアや銀行振り込み、口座振り替えで支払う。

ビックカメラは同社の通販サイト「ビックカメラ・ドットコム」で12月、傘下のコジマの「コジマネット」で20年1月に導入する。ヤマダ電機の「ヤマダウェブコム」は11月中旬から対応する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]