楽天、ファッションの有識者会を設立

2019/10/15 17:54
保存
共有
印刷
その他

楽天は15日、ファッション分野強化のための有識者会を設立すると発表した。スタイリストやファッション雑誌の編集長など知見のある専門家の意見を取り入れて自社の衣料品通販サイトのデザインや顧客体験を強化する。電子商取引(EC)各社は、ヤフーがZOZOを買収するなど、ファッションを強化する動きが強まっている。

「楽天グループの強みを活用し、ファッションに関わるデジタルソリューションを提供したい」と語る楽天の三木谷会長兼社長

「楽天グループが持っている全ての強みを活用し、ファッションに関わるデジタルソリューションを提供したい」。同日、都内で開かれた記者会見で楽天の三木谷浩史会長兼社長はファッション分野を強化すると語った。

有識者会にはファッション誌の元編集長の中島敏子氏、ファッション誌編集長の田中杏子氏、スタイリストの熊谷隆志氏の3人が参加する。有識者会の設立だけでなく、アパレル企業とも積極的に意見交換し、サービス開発などに生かしていく。

「楽天は子供服まで含めると8000億円弱の流通があるが、その割にファッション業界で今まで存在感が低かった」と三木谷氏は語る。

楽天は9月に衣料品通販サイトのブランドを「楽天ブランドアベニュー」から「楽天ファッション」に刷新した。同サイトには1100以上のブランドが出品している。

14日に開幕したファッションショー「東京ファッション・ウィーク」の冠スポンサーも務めている。三木谷氏は「海外の大きなブランドからも声をかけてもらっている」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]