瀬戸内周遊観光、本四架橋軸に 官民でワークショップ

2019/10/15 17:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

本州と四国を結ぶ本州四国連絡橋(本四架橋)を軸とした瀬戸内海地域の観光振興に向け、官民連携の取り組みが始まる。第1弾として、瀬戸大橋(瀬戸中央自動車道)の周遊観光を検討するワークショップを16日に立ち上げる。3年に1度開く瀬戸内国際芸術祭が注目を集めるなか、魅力的な観光商品を提案し欧米などのインバウンド(訪日外国人)の拡大につなげたい考えだ。

ワークショップは旅行ガイド「地球の歩き方」を取り扱う…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]