/

この記事は会員限定です

米企業、7-9月減益見通し 関税・人件費でコスト増

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】米上場企業の業績が悪化している。主要500社の2019年7~9月期の純利益は、前年同期比5.3%減と2四半期ぶりの減益決算になる見通し。世界景気の減速とドル高で売り上げが伸び悩み、関税コストや人件費増が利益率を低下させる。企業が雇用の削減に動けば、足元で堅調な米景気にも悪影響が及びそうだ。

7~9月期決算の発表は15日から本格化する。調査会社リフィニティブがS&P500種...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り909文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン