/

この記事は会員限定です

まばたきをするように 作家 辻村深月

[有料会員限定]

この秋、都内のある高校の学園祭で、私の著作が劇になり上演された。

上演許諾の申請が来た春先、私は思わず「え、本当に?」と呟(つぶや)いた。とても驚いたからだ。

小説のタイトルは「オーダーメイド殺人クラブ」。中学2年生の主人公の少女が、親や友達との関係に行き詰まりを感じ、悩む中で、「自分の人生に劇的な物語がほしい」「特別な存在になりたい」という思いから、クラスメートの男子になんと自分の殺害を依頼する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1674文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン