最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,303.32 +161.77
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,340 +220

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

11月15日(金)14:19

メルカリ 100ヵ国以上で越境販売 BEENOSと提携[映像あり]

習主席 香港警察を「強く支持」 抗議活動を非難

11月15日(金)13:04

[PR]

主要企業ニュース

フォローする

米ブラックストーン、ユニゾにTOB ユニゾの同意条件

金融最前線
2019/10/15 16:31 (2019/10/15 18:20更新)
保存
共有
印刷
その他

ブラックストーンはユニゾ経営陣が同意次第、速やかに買い付けを始めるもよう(写真下はAP)

ブラックストーンはユニゾ経営陣が同意次第、速やかに買い付けを始めるもよう(写真下はAP)

世界最大手の投資ファンド、米ブラックストーン・グループは15日、不動産会社ユニゾホールディングスに対し、同社の同意を条件にTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。1株5000円で全株取得を目指す。23日までにユニゾ経営陣に同意するかどうか回答を求める。ユニゾ経営陣の対応が注目されそうだ。

ブラックストーンはこれまでユニゾに買収を提案していたが、対外的に公表していなかった。今回、自ら提案を公表することで市場関係者から賛同を得る狙いがある。

ユニゾ側のこれまでの発表によると、ブラックストーンは9月中旬以降、複数回にわたりユニゾに買収を提案した。両社は1株5000円のTOB価格については大筋合意したものの、ユニゾが「買収後の従業員の保護が十分でない」などとして、ブラックストーンの提案を拒否していた。

ブラックストーンは買収後、従業員の労働条件を維持・向上するとし、大規模な組織再編なども実施しない方針。ただ、ユニゾが求めている投資資金の回収方法や時期を「従業員持ち株管理会社」が決められるようにする条件については「著しく異例で日本で前例がない」と拒否する考えだ。

ブラックストーンはユニゾと買収条件について合意書を締結し次第、速やかに買い付けを始める。TOB価格は15日終値を6%上回る。ユニゾから同意を得られなかった場合、同意を得ないままのTOBも視野に入れているとみられる。ユニゾは「発表内容を精査して対応を決める」とコメントした。

ユニゾを巡っては、ソフトバンクグループ子会社の米投資ファンド、フォートレス・インベストメント・グループが1株4000円で17日までTOBを実施中だ。ユニゾは当初、フォートレスによるTOBに賛同意見を表明していたが、9月27日に意見を「留保」に変更した。一方、エイチ・アイ・エスが進めていた敵対的TOBは8月に不成立となった。

ブラックストーンの運用資産は約59兆円で、未公開株(PE)分野で世界最大規模だ。特に不動産分野に強みがあり、日本でも7月に物流施設を1000億円超で取得した。

主要企業ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム