人生100年時代の年金制度(4) 知覚リスクで分かりづらく
同志社大学教授 佐々木一郎

やさしい経済学
2019/10/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

なぜ公的年金は多くの人々から、複雑で分かりにくいと思われるのでしょうか。知覚リスクの高さが一因と考えられます。

知覚リスクは商品の内容や価値などが分かりにくく、商品購入時に消費者の不安心理が高まることです。初めて買う商品や、複雑、高額で不確実性をもつ場合などに高くなります。知覚リスクの高いと思われる商品には、年金・保険・証券等の金融商品、基礎化粧品、中古の住宅や自動車などがあります。

公的年金の…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]