/

この記事は会員限定です

アジア食品生産 環境配慮促せ アーティ・ラマチャンドラン氏

英FAIRR研究・顧客関係責任者

[有料会員限定]

世界の食品会社や畜産業者は、食肉をはじめとするたんぱく質の消費拡大により利益を得ている。消費をけん引するのは、中国やインドなどアジアだ。急激な拡大に伴い、人々の健康と環境への悪影響も増大している。投資家などが中心となり、アジアで活動する食品関係企業などに対し、改善への行動を働きかける必要がある。

アジアでは消費者の需要を満たすため、成長の早い動物の品種を優先するような、欧米型の家畜・魚類生産システ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り979文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン