時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,460,399億円
  • 東証2部 72,886億円
  • ジャスダック 94,869億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.24倍 --
株価収益率15.02倍15.74倍
株式益回り6.65%6.35%
配当利回り1.91% 1.90%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,303.32 +161.77
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,340 +220

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

11月15日(金)14:19

メルカリ 100ヵ国以上で越境販売 BEENOSと提携[映像あり]

習主席 香港警察を「強く支持」 抗議活動を非難

11月15日(金)13:04

[PR]

スクランブル

フォローする

狙いは「下方修正銘柄」 先回り買いで年末高も
証券部 佐藤亜美

2019/10/15 16:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米中貿易戦争を背景に主要銘柄の下方修正が相次ぐなか、見逃せないのはその後の堅調な値動きだ。米中は「一時休戦」を演じたものの、今後も下方修正が頻発するとの見方が多い。下方修正の先行銘柄が値上がりしている展開からは、市場が悲観一辺倒ではないとわかる。いよいよ悪材料出尽くしとなれば、年末高のシナリオが現実味を帯びる。

象徴的なのが10日に2020年2月期通期の連結業績予想を下方修正した安川電機。純利益…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム