/

関西みらい銀、システム統合を完了

関西みらいフィナンシャルグループ(FG)傘下の関西みらい銀行は15日、旧近畿大阪銀行と旧関西アーバン銀行のシステム統合を完了した。利便性が向上し、旧関西アーバンの顧客もりそなグループのスマートフォン向けアプリを使えたり、投資一任運用商品「りそなファンドラップ」を購入できたりするようになった。

関西みらい銀は4月に近畿大阪銀と関西アーバン銀が合併して誕生。これまではシステムを併存していた。2021年度下期には関西みらいFG傘下のみなと銀行ともシステムを統合する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン